建築、不動産に関する実務家の能力向上を目指す不動産総合戦略協会(RESA)が、協会認定の「不動産総合戦略マスター(RESAM)養成講座」を4月から開講、受講生の募集を開始。

本講座は、協会が認定する不動産総合戦略マスター(RESAM)の称号をこの全8回、各1泊2日の合宿型研修によって与える講座である。不動産のプロフェッショナルを養成することを目的とし、従来の座学講座ではなく、不動産コンサルタント会社による実践的な成功事例を現場を視察しながら学べ、毎回行われる懇親会を通じて参加者同士のネットワークづくりを促進し、自らの事業推進に役立つ、建築・不動産会社の幹部を育成するカリキュラムとなっている。すでに参加者同士でビジネスが成立している人も多く、まさに実践的な他に類のない研修だと言える。また併せて、不動産業務の新規参入にも役立つものとなっており、資産保有会社が不動産事業を取り入れ、事業の拡大している事例もある。

一般社団の不動産総合戦略協会(略称:RESA(リーサ)理事長:村林正次)は、不動産会社や建築会社、賃貸管理会社などの経営者、幹部、幹部候補者、後継者へ向けた総合カリキュラムである「不動産総合戦略マスター養成講座2020」を、このコースでは建設・不動産業務に必要となる営業スキルを、現役の不動産コンサルタントや弁護士、税理士、不動産鑑定士などが、具体的なノウハウを伝授します。全行程の修了者には、同協会が認めるRESAM(リーサム:不動産総合戦略マスター)の資格を付与します。

「コンサルティング能力なしに不動産会社は生き残れない」といわれて久しくなります。同時に「コンサルティングなくして物は売れない」とも言われています。しかしながら、昨今の「かぼちゃの馬車」事件や欠陥構造のアパート建築物、一部金融機関の不正融資問題など、不動産や建築をめぐるトラブルは、この業界に大きな影を落とすこととなりました。その原因の多くは、無知からくる営業によるものです。ご承知のとおり、トラブルを公表された企業の多くは倒産の危機に見舞われ、経営者や役員、そして株主としても大きな損失を被る結果となっています。

一口に建築・不動産コンサルティングといっても「不動産投資」「賃貸管理運営」「相続対策」「土地有効活用」等、その内容は多岐に渡り、各テーマや項目に合わせての専門的な知識とノウハウが必要となります。そのノウハウも実証性のある成功事例でなければならず、空理空論ではリスクを拡大させることとなります。同協会では、既に実証された成功事例を基に、その当事者を講師に招いて本講座のレクチャーをさせることで、優秀な人材育成ができる体制を築き上げました。

本講座は、現役の不動産コンサルタントをはじめ弁護士、税理士、不動産鑑定士が普段の業務をベースにした講義を行います。講義内容は、すべて実体験上の成功理論に基づいた内容となっており、さらに現場レベルにまで落とし込んだ実戦形式の内容となっています。受講者が毎回、会社へ持ち帰って、即、実務に応用することができるため、会社内の改善や新規事業への参入などにも役立つカリキュラムとなっています。講師が単に教えるだけで終わるのではなく、受講者による様々な資料の作成や、不動産投資家や地主などへのプレゼンテーションツール、プロが使用している金融電卓の使い方や投資分析指標、相続対策の分析シート使用などのアウトプットを重視し、それらを通じて本物の建築・不動産コンサルタントを育成します。

また、本講座が終了した後もフォローアップ研修に参加できる資格を付与し、受講者が最新の情報を入手しながらスキルアップができるのも、本講座ならではのサービスです。

詳細内容は、以下の通りとなっています。

内容は、「PM(プロパティマネジメント)コンサルティング」「AM(アセットマネジメント)コンサルティング」「土地有効活用・相続対策」の各講座3部門で構成しており、それぞれ1回につき2日間で3回ずつ(「AMコンサルティング」のみ2回」)のスケジュールとなっています(全8回・申込みは1回から可能)。「PMコンサルティング」は、空室対策・物件の管理運営・賃貸トラブルなどの危機対応がテーマ。実際の空室を見学しながら、物件再生方法(リノベーション等)や入居者募集方法などについて学び、危機対応では訴訟手続の基本を押さえるとともに、弁護士同行による裁判所での傍聴も行います。「AMコンサルティング」では、実際にプロが使用している米国製の金融電卓を使って不動産投資の分析や戦略、提案の技量を身につけることができます。金融電卓や投資分析ソフトを使用して資料を作成し、最終的には不動産投資における優良物件の選別や資金調達までできるレベルに引き上げます。「土地有効活用・相続対策」は、税とマーケティング手法まで含めたカリキュラムとなっており、座学だけではなく、実際に施工された現地物件見学などを通じて総合的な知識と判断力を身につけることができ、実際に活躍できる実務者を養成します。

なお、全行程で食事付き。講義によってはバスのチャーター費用も含まれます。また、宿泊施設での懇親会費用も含まれます。



第1回 空室対策~物件再生と入居者募集 実際の空室を見学!
開催日時
コロナウイルスの影響のため日程調整中です。
講師
内容
■物件再生と入居者募集 実際の空室を見学
■空室対策の技術(物件再生・入居者募集、2つの側面から)
■具体的な物件をもとに、市場性・コストなどを踏まえた資本改善提案の仕方
■物件の魅力を最大限にアピールする募集図面の書き方
開催場所
都内近郊

お申込

第2回 管理運営~管理受託からメンテまで OMカーを見学
開催日時
コロナウイルスの影響のため日程調整中です。
講師

内容
■管理受託からメンテナンスまで オンサイトマネジメントカーを見学
■賃貸管理の現場ツールを体験
(オンサイトマネジメントカー・オペレーションソフトPMボランチなど)
■賃料査定
■管理受託
■サービスリクエスト対応
■テナントリテンション(入居者保持対策)
■差別化できる管理運営の仕方
開催場所
都内近郊

お申込


第3回 危機対応~訴訟手続の基本と実践  裁判所を見学!
開催日時
コロナウイルスの影響のため日程調整中です。
講師

内容
■訴訟手続の基本と実践 裁判所を見学
■裁判所概略と実際の訴訟の流れ
■裁判所を見学、法廷で事件を傍聴
■賃料滞納の現場(督促状、督促電話、督促訪問)
■夜逃げ者の追跡方法と回収
■賃料滞納の法的手続き(民事訴訟、建物明渡の強制執行、債権差押執行)
開催場所
都内近郊

お申込

第4回 投資分析・投資戦略~基礎から学ぶ投資分析・投資先着の立案 投資分析ツールをマスター
開催日時
7月15日(水)・7月16日(木)
講師
内容
■金融電卓(10BⅡ)の使い方と投資分析・貨幣の時間的価値・キャッシュフロー分析を習得
■顧客の目的を明確にするための個別相談と目標を達成するための物件選定
開催場所
都内近郊

お申込


第5回 投資提案~仕入・現地下見・分析・提案 投資分析ツール・コンサルティングの進め方・投資分析ツールをマスター
開催日時
10月21日(水)・10月22日(木)
講師

内容
■物件仕入の方法・アパートローンの内容・プレゼン資料作成ひな形
■投資分析ソフトを使った優良物件の選別と提案について
開催場所
都内近郊

受講代金
60,000円(税込)
お申込

第6回 税とマーケティング~税とマーケティングの基礎 税と効率的なコンサル手法!
開催日時
11月18日(水)・11月19日(木)
講師

内容
■税とマーケティングの基礎
■不動産コンサルタントとして、最低限押さえておくべき税の知識を全てカバー
■法人を使った節税スキーム
■マーケティング手法
■行動ファイナンス
■投資家の消費行動における意思決定パターンを理解

開催場所都内近郊

受講代金
60,000円(税込)
お申込


第7回 相続対策~相続対策としての不動産コンサル 実際の対策事例を見学!
開催日時
2021年1月20日(水)・1月21日(木)
講師

内容
■超高齢化社会到来で新たに必要となる相続対策の基礎知識。
相続対策コンサルを獲得するための提案方法。相続対策用として実際に売買した不動産の現地視察。
■相続税対策に必要な税法関連基礎知識と、現場で使える相続税計算ソフトの使い方
開催場所
都内近郊

受講代金
60,000円(税込)
お申込


第8回 土地活用~土地活用と建築提案 実際の活用事例を見学!
開催日時
2021年2月10日(水)・2月11日(木)
講師


内容
■土地活用実例の現地視察と解説
■建築に関する知識とプランニング
開催場所
都内近郊

受講代金
60,000円(税込)
お申込

主催団体概要

一般社団法人不動産総合戦略協会《略称:RESA(リーサ)》
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目13番1号
ヒューリック銀座一丁目ビル7F
代表者:理事長 村林 正次
設立:2018年3月
URL:http://resanet.or.jp/

運営代行

プラチナ出版株式会社
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目13番1号
ヒューリック銀座一丁目ビル7F
代表者:代表取締役 今井 修
設立:2017年5月
URL:http://www.platinum-pub.co.jp